パートナーの浮気を弁護士に相談すべき5つの理由とボーダーライン

パートナーが浮気をしている事実を知り、パートナーとの将来を考える際、弁護士に浮気の相談をすることをおすすめします。弁護士に相談することで、パートナーがあなたに行った裏切り行為は浮気に該当するのかはっきりできます。

この記事では、法律の専門家に浮気問題を相談することのメリット、法律上の浮気の判断基準を解説していきます。

大手探偵FC「第一探偵グループ」

探偵FC開業なら第一探偵グループ

第一探偵事務所では「業界最安値の加盟金」×「業界最高峰のサポート」で探偵業の独立開業を応援します。

目次

弁護士が考える浮気のボーダーラインはこの5つ!

あなたが考える浮気のボーダーラインはどのようなものでしょうか。相手の女性と二人きりで食事をした、手をつないだ、キスをした。浮気のボーダーラインは人それぞれによって異なるものです。

私たち一般女性と法律の専門家である弁護士が考える浮気のボーダーラインに違いはあるのでしょうか。弁護士が浮気とみなす、ボーダライン5つを解説します。

1.精神的な『好き』だけでは浮気には該当しない

多くの女性が浮気と考える「好き」という感情だけでは、浮気には該当しません。日本の民法上、浮気を判定するはっきりした基準は存在せず、弁護士は過去の判例から浮気の判断基準を決めています。

弁護士は性行為があったかどうかで浮気かどうかを判断します。

2.キス一回ではダメ!でも数回したら浮気になる事も!

パートナーが女性とキスをしただけでも、多くの女性は浮気だと考えるはずです。ですが、キス1回だけでは浮気と判断されません。1回だけのキスであれば、そこに性行為はないだろうと考えられるからです。

複数可のキスとなると、キスの延長線上に性行為へと発展するだろうと考えられるため、複数回にも及ぶ濃密なキスとなると浮気と判断される可能性があります。

3.性行為を1度でもしたらそこからは浮気となる

民法上、結婚をしている男性が妻以外の女性と性行為を行うことを不貞行為と呼びますが、1度でも不貞行為を行うとそれは浮気と判断されます。

相手の女性に対する気持ちがなくても、相手の女性が「性」を商売にしているプロの女性であっても、性行為を行ったのであれば法律上、不貞行為とみなされます。

4.メールの内容を見て肉体関係があると判断できれば浮気

弁護士は性行為があるだろうと推測される状況からも浮気と判断します。

相手の女性と長期間に及ぶ親密な内容のメールのやり取りを行っている場合などは、メールの内容などから二人の間に性行為があることは容易に想像できるため、浮気と判断されます。

5.相手が風俗嬢であっても性行為があれば浮気と断定!

少し意外かもしれませんが、相手が風俗嬢であっても性行為があれば浮気と判断されます。

民法上の浮気の判断ポイントは性行為を行ったかどうかであるため、パートナーが性欲処理のために風俗を利用したとしても、性行為を行ったのであれば浮気と断定されてしまいます。

浮気で慰謝料請求するなら弁護士に相談すべき5つの理由と費用

パートナーの浮気によりあなたが深く悩み、傷ついたのであれば慰謝料は請求すべきです。浮気をされたことによりパートナーへの慰謝料の請求を考えているのであれば、弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談をすすめる5つの理由を解説していきます。

理由①:離婚を前提に浮気した夫に正攻法で慰謝料の請求ができる

弁護士に浮気を相談することで、法律を武器に離婚を前提とした慰謝料の請求を行うことができます。

相手の女性とパートナーが性行為を行った客観的証拠を揃えることで、婚姻関係が破綻していることを証明することができ、それに伴う苦痛を与えられたとして慰謝料の請求を行うことが可能です。

理由②:浮気をした相手にも正攻法で慰謝料の請求ができる

弁護士に浮気の相談をすることで、浮気をした相手にも慰謝料の請求を行うことができます。相手の女性も、パートナーが結婚していることを承知の上で性行為を行ったのであれば、慰謝料請求の対象です。

ですが、相手の女性がパートナーに結婚している事実を告げられていない場合などは、浮気相手に対して慰謝料の請求を行うことはできません。

理由③:弁護士の費用は成功報酬の中から支払うケースが多い

成功報酬とは、依頼内容が成功した場合に弁護士に支払われる報酬を指します。成功の程度によって支払われる金額は異なるのですが、弁護士の費用は成功報酬の中から支払うケースが多いです。

より多くの慰謝料をもらうことに成功した場合、それに応じて弁護士に支払う報酬も高くなりなす。

理由④:法律に則って浮気の調査や裁判ができる

弁護士に相談することで法律にのっとって浮気の調査や裁判が可能です。慰謝料の請求や浮気による離婚を行うためには法的な専門知識が必要です。

パートナーが慰謝料の請求に素直に応じてくれる場合は良いのですが、なかなか応じてくれない場合もあります。そのような場合は裁判所に判断を委ねることになるため、弁護士に初めから相談することでスムーズに専門的な手続きを行うことが可能です。

理由⑤:弁護士費用は着手金を含めて10万~50万程度

弁護士に慰謝料の請求を依頼する場合、相談する内容にもよりますが弁護士費用は着手金を含めて10万~50万円程度です。着手金は依頼をする際に弁護士に渡すお金となり、現金で支払う必要があります。

弁護士に仕事を依頼する際には必ず必要なお金ですので、あらかじめまとまった金額のお金を準備しておくことをおすすめします。

弁護士が言う浮気と認められるのパートナーとの関係について

パートナーとの関係にはいくつかの種類が存在します。入籍をしている婚姻関係にあるカップル、内縁関係にあるカップル、あるいは婚約関係にあるカップルや交際途中にあるカップルなどさまざまです。

弁護士が浮気と判断するパートナーとの関係はどの関係にあたるものなのでしょうか。

婚姻関係にある夫婦である

弁護士が専門家の立場から見て浮気と判断するパートナーとの関係としては、まず婚姻関係にある夫婦の場合です。法律は、婚姻関係にある夫婦のみを保護します。恋人関係にあるカップルには法律は適用されません。

結婚はしていないけど内縁関係にある場合

内縁関係とは、婚姻関係は結んではいないけれど長期間家計を同一にした同居した生活を営む関係を指します。

法律上の夫婦と違いのない内縁関係のカップルには、法律で一定の保護を受けることが可能です。内縁関係にあるパートナーが他の女性と性行為を行った場合、弁護士はその行為を浮気と判断します。

結婚はしていないけど婚約している関係

結婚前の婚約している関係のカップルも、パートナーが他の女性と性行為をもった場合、浮気と判断されます。

法律で浮気と判断される婚約関係とは、両家の挨拶や結納を済ませ、結婚式場を予約しているなどといった、周囲が二人の関係を婚約していると認めている関係です。

浮気に強い弁護士と離婚を有利に進めるには?

浮気で離婚を考えている場合、案件として浮気を多く取り扱う弁護士に依頼することをおすすめします。そして、浮気案件を得意とする弁護士と離婚を有利に進める方法を解説しますので、参考にしてください。

探偵を使って報告書を作成して提出する

浮気を理由とした離婚を有利に進めるためには、探偵に浮気調査を依頼しましょう。探偵が調査を完了した際に、調査報告書を依頼者に渡します。報告書は浮気の証拠となりますので、離婚の手続きを有利に進めることが可能です。

パートナーのメールやSNSでの浮気が疑われる記録

パートナーと浮気相手とのメールやSNSなどを利用してやり取りを行った記録を入手し、浮気の証拠として提出する方法も離婚を有利に進めることができます。

メールやSNSを証拠として利用する場合、長期間に及ぶ親密な内容のやり取りを複数回行った証拠を提出することで、証拠能力の高い証拠になるでしょう。

電話の通話履歴による浮気の記録

電話の通話履歴からだけでは浮気の証拠として扱うことは難しいでしょう。ですが、浮気をしているという裏付けとしては有利な証拠だと言えます。

浮気相手の名前をカモフラージュするために、男性の名前や店舗の名前で登録している可能性があります。着信回数や着信時間などに不審な点はないか注意深くチェックしてみましょう。

レシートやクレジットカードなどの履歴

浮気の証拠として有力なのは、クレジットカードなどの履歴やレシートなどが挙げられます。

ラブホテルなどのレシートなどは、浮気相手と性行為を行ったことの証明となり、浮気の証拠としては有力なものだといえるため、弁護士に証拠として渡すことをおすすめします。

浮気と弁護士のまとめ

浮気と弁護士のまとめ

パートナーから浮気をされた場合の対処法と、専門家から見た浮気を解説してきました。弁護士は、浮気相手とパートナーとの間に性行為があったかどうかで浮気を判断します。

そして、確実に浮気を行っていると判断した場合は、性行為があったことを証明する証拠を多数集めることで、慰謝料の請求や離婚を優位に進めていくことが可能です。

浮気の事実が判明した時は弁護士に相談を行い、慰謝料の請求や離婚を有利にすすめていきましょう。

全国の支部一覧

宮城県仙台市
第一探偵事務所 仙台本部

宮城県仙台市中央4丁目10‐3
JMFビル仙台01 2F

050-5468-0361

https://daiichi-tantei.com

山形県山形市
第一探偵事務所 山形本部

山形県山形市幸町2‐9
ダイワロイネットホテル山形駅前2F

050-5468-0361

https://daiichi-tantei-yamagata.com

山形県南陽市
第一探偵事務所 南陽支部

山形県南陽市三間通718-1

050-6878-5795

https://yamagata-tantei.com

東京都世田谷区
第一探偵事務所 世田谷支部

東京都世田谷区代沢4-40-10

050-1124-2470

https://tantei-tokyo.com

東京都港区
第一探偵事務所 東京港支部

東京都港区南青山2丁目2番15号
WIN青山531

050-1124-2470

https://tantei-tokyo.com

千葉県千葉市
第一探偵事務所 千葉支部

千葉県千葉市中央区中央2丁目3-16
千葉センタースクエアビル5F

0120-510-191

https://chiba-tantei.net

神奈川県茅ケ崎市
第一探偵事務所 神奈川支部

神奈川県茅ヶ崎市堤77‐26

0467-40-5806

https://kanagawa-tantei.net

静岡県浜松市
第一探偵事務所 浜松支部


https://shizuoka-tantei.net

新潟県新潟市
第一探偵事務所 新潟支部


https://daiichi-tantei-niigata.com

岡山県岡山市
第一探偵事務所 岡山支部

岡山県岡山市北区本町6-36
第一セントラルビル4階

050-5236-1929

https://okayama-tantei.net

香川県高松市
第一探偵事務所 香川支部

香川県高松市屋島西町2010-1
セントラルハイツ屋島 406

050-5236-1929

https://kagawa-tantei.net

鳥取県鳥取市
第一探偵事務所 鳥取支部

https://tottori-tantei.com

Follow me!

投稿者プロフィール

第一探偵グループ
第一探偵グループ
FC加盟店を大募集!「業界最安値の加盟金」×「最高水準サポート」であなたの独立開業を応援します。